Concert Agency Soleil ソレイユ音楽事務所

エルヴィン・クランバウアー(フルート)

エルヴィン・クランバウアー Erwin Klambauer
エルヴィン・クランバウアー Erwin Klambauer
エルヴィン・クランバウアー(フルート)
Erwin Klambauer, flute
[来日期間:2021年10月]

ウィーン交響楽団首席フルート奏者、グラーツ国立芸術大学教授。

リンツのアントン・ブルックナー音楽大学でフルートとピアノを学び、その後ウィーン国立音楽大学でウィーンフィル首席奏者のヴォルフガング・シュルツ氏に師事する。

その後グスタフ・マーラー・ユースオーケストラ、ユナイテッド・ヨーロッパ・ユースオーケストラ、カメラータ・ザルツブルグの首席奏者などを務めて、巨匠クラウディオ・アッバード、シャンドール・ヴェーグの下芸術的な研鑽を積む。その後、1992年~1993年までオーストリア連邦劇場舞台オーケストラ、1993年~2013年までORFウィーン放送交響楽団の首席フルート奏者を務め、2014年よりウィーン交響楽団の首席フルート奏者を務める。

国内外でさまざまなオーケストラやアンサンブルでソリストとして演奏する。レパートリーはバロックから現代音楽まで多岐にわたり、数多くのCDレコーディング、ラジオやテレビのレコーディングが彼の演奏を記録している。
さらに、ピアニストのラインホールド・プリジョビ、アンサンブル「コントラプンクト」、アンサンブルの「ディー・ライエ」、その他さまざまな室内楽編成と定期的に演奏している。

クランバウアーは、ウィーン交響楽団やトヨタマスタープレイヤーズのメンバーとして度々来日している。またヨーロッパとアジアの各地でワークショップやマスタークラスを主宰する。2004年から2008年までウィーン音楽芸術大学教授を勤め、2008年からはグラーツ国立芸術大学の教授として後進の指導にあたっている。

ペドロ・コスタ Pedro Costa
ペドロ・コスタ(ピアノ)
Pedro Costa, piano

1989年マカオに生まれる。ポルト音楽大学(ポルトガル)卒業後、ブリュッセル王立音楽院(ベルギー)、グラーツ芸術大学(オーストリア)にてJ.ブレイヌル、J.ドレイクのもと、声楽の伴奏法を学ぶ。
その後声楽の伴奏者として、ルイ・シュポア国際コンクールで優勝の他、ポルトガル、ベルギーにて主要コンクール、及びウィーンでのヘルムート・ドイッチュ声楽コンクール等に入賞。またギルヘルム・スーザ(Ob)、パウロ・フェレイラ(Fg)とともにポルトガル放送室内楽コンクールで優勝し、パースペリティブ・トリオを創設する。

彼はロンドン・ウィグモアホール、ウィーン楽友協会ホール、ザルツブルグ・モーツァルテウム大ホール他、ヨーロッパの主要ホールで演奏する。またウド・ライネマン、アンネ・ゾフィー・フォン・オッター、ペーター・シュライヤー、ブリギッテ・ファスベンダー等のマスタークラスで伴奏を務める。

ウィーンを拠点にヨーロッパで活躍するピアニストで、グラーツ国立芸術大学で伴奏法の講師を勤める。

《演奏会評より》
……この日の2曲目に、ウィーン交響楽団はモーツァルトに最強のソリストを送った。2014年から同楽団に所属する、卓越した音楽性を持つ首席フルート奏者、エルヴィン・クランバウアー。
モーツァルトはフルートという楽器を特に好まなかったようであるが、にもかかわらず、他のフルートを愛したどの作曲家より、この楽器に対してより良いアイデアが出たようである。クランバウアーは、モーツァルト唯一のフルート協奏曲を作曲家が意図した通りに、真珠のような光沢を持った音色で演奏した。全体を通してクラッシック(古典音楽)の最高の美が表現されていた。緩徐楽章ではコンサートマスターのヤン・ポスピヒャルとの正に息のあった演奏で、ビロードのような柔らかい音が会場を満たした。聴衆は完全に彼の演奏に魅了された。
ウィーン交響楽団特別演奏会 指揮ラハフ・シャニ
(2018年2月26日 オーストリア・ブレーゲンツ)

《予定プログラム》
プログラムA ロマンティックなフランス音楽

F.プーランク:フルートとピアノのためのソナタ
C.ライネッケ:フルートとピアノのためのソナタ「ウンディーネ」Op.167
-------------------------------------------------------
P.サンカン:フルートとピアノのためのソナチネ
M.ボニス:フルートとピアノのためのソナタ

プログラムB ヨーロッパから世界へ
R.ムチンスキー:フルートとピアノのためのソナタ Op.14
G.フォーレ:幻想曲 ハ長調 Op.79
G.エネスク:カンタービレとプレスト(フルートとピアノのための作品集より)
F.マルタン:フルートとピアノのためのバラード
-------------------------------------------------------
B.マルティヌー:フルートとピアノのためのファーストソナタ H.306
A.ジョリヴェ:リノスの歌

<< 前のページに戻る